負けると悔しい!日本人のペニスの標準サイズは?

日本人のペニスサイズの平均は?

今まで生きてきて自分のペニスサイズを意識した事が全く無いという男性はいないと思います。

 

例えば僕なんかは、銭湯に行って他人と比較した時、アダルトビデオの男優のペニスを見た時「俺ってもしかして小さい?」と思ったことがあります。

 

悩みの深い人はペニス増大サプリなとでサイズアップを試すでしょうし、悩んでいなくても日本人の標準は上回っていて欲しいと思う人もいると思います。

 

というわけで今回は日本人のペニスの標準サイズについてお話します。

 

1990年代に泌尿器科学会報で発表されたサイズは12.9cm、そして2000年のインポテンツの研究に関する国際会報では13.6cmという結果が出ています。

 

ただ、ここ最近コンドーム製造会社のアンケートでは長さが15.1cm、中間部分の直径が3.8cmという結果になっています。

 

1990年代の発表と比べると2cm以上違いますよね。

 

こんな短期間で平均サイズが変わるとも思えませんので、どちらかが間違っていると考えていいでしょう。

 

では、どちらが正しいのでしょうか?

 

個人的には泌尿器科学会報やインポテンツの国際会報で発表されたサイズの方が正しいと思います。

 

泌尿器科学会報の方は研究者による測定ですし、インポテンツの国際会報も学術的、科学的な研究から導き出された結果です。

 

しかし、コンドーム製造会社のアンケートは明らかに自己申告です。

 

つまり見栄を張って本来のサイズよりも上乗せしていることも十分考えられるのです。

 

仮に嘘を言ってないとしても、自分の測り方と専門家の測り方は違います。

 

しかも、自分で測る時は定規を思いっきりお腹に押し付けて測る人も多いでしょう(笑)

 

だから、日本人の標準は12.9cm〜13.6cmという風に考えておくのが僕は無難だと思います。